インターネット・投句函 ≪2012 前≫ 特選決まる

   7

                    〈敬称略〉   

《特選》

  大書院鎧の威光夏座敷       渡辺  武      所沢市

  藩校の跡のたんぽぽ畑かな    橋本小たか   小金井市

  篠山に戦を偲ぶ雪舞ヘリ      梶原 昭七   京都市

                                                                                .

《特別賞》

    Toshi’s laugh winkles.
        Nikko carved my dear friend face
          Six hundred years since.

                                     Rob Walker        姫路市

                                    

                                              2012年7月3日   
                                                        篠 山 市 俳 句 協 会

............................................................................................

句 会 だ よ り ---篠山句会《玄鳥篠山支部》 《 2012-6-4 》

 0

  ◆◇◆  六月句会の好評句 ◆◇◆2012

万緑に染まりし朝の仁王          藤本喜久巳

 野、森、山、見わたすかぎり一面が緑。
日々生きいき成長する万緑の朝の風に、仁王像が映える。
仁王はいっそう勢いづき、阿吽の呼吸でその精気を万緑へ吹き返す。
大自然の息吹と仁王の息吹が一つに融けあう。
静中の動が清々しい。
 

風薫る鉄棒下のにわたずみ          新家 保子

「にわたづみ」とも。庭立水と書けば和語であることがわかる。雨が降って、地上にたまり流れる水--漢語では潦。万葉時代から歌われてきた題材。
 この句にも人は表に出てこない。しかし鉄棒の下の僅かなくぼみに、子どもや自分の姿・声・緊張した顔・笑顔・・・が浮かび上がってくる。「風薫る」の季語でこのドラマの質が表現されている。

◆◇◆ 推敲 --- 苦 雅 楽 ◇◆◇

堰落ちる水の光や夏来る           尾嶋八栄子

鯉のぼり風のしっぽを掴みけり       堀毛美代子

サンダルの長き足組む夏帽子        鷲尾 瑞子

閑けさや袱紗捌きに余花の雨        大西佐代子

余り苗ひときわ高く育ちおり         畑中  弘

妹の忌や蛍袋の薄明り            堀毛美代子

漆黒の青田に映る月明かり         岡本 博三

 どの句も心の眼でしっかりとらえている(--線)。一言一文字に、ただ事に終わらない輝きや味の深みがある。
 「漆黒」の「青」はどちらがいいたいのか、読み手はイメージが混乱する。「青田に」を早苗田ではどうか、棚田は・・・推敲の余地・・・の意見あり。

 俳句は詩であり、自分史でもある。日常の無数の現象の中から何を取り上げ、何を捨てるか、自分にしっかり向き合ってとらえ、推敲したい。           (宇則)

おめでとうございますございます  西紀俳句会 句集「石楠花」刊行

◎ 祝ご出版 ◎

 西紀俳句会は、このたび句集「石楠花」を刊行、
   当協会へご寄贈いただきました。
     ありがとうございます。


   離れ住む子を客にして三が日

  

  お正月常と変らぬ仔牛の目

  初春の婚の荷嬉し過疎の村 

        

         … … …

   

 お芽出度い句のほか、瑞々しい句が多数収められています。
            

ご注文、閲覧は、各グループの代表または下記メールでお申込みください。

          e-mail:  i2sole@ybb.ne.jp

                                 (2011.11.30)

投句函・ホームページの入選句 2012前… 金環日食2012/5/21

Toshi‘s laugh winkles.
  Nikko carved my dear friend face
   Six hundred years since.            花の笑 日光菩薩の六百年 (ii 曲訳) 

暫し手を止める杣人 花吹雪

旅人を今日も育む花嵐

ミステリーどこへ行くやら春のバス

藁包の奥にはにかむ雪牡丹

還暦や 人の間の初楔

やまやまのみどりゆたかなしろのあと

麦を踏むイワンの馬鹿に次の魔手

寺子屋の踏み絵の床に凍つ涙 

薪割りの香の甦る 寒温し

パソコンを見合う窓辺の早春賦

水泡の月見つけし闇夜の芥川                  

     

初心者教室≪推敲のアドバイス・ご意見等お寄せください≫

一列に木の車椅子 青葉風

一億年の恐竜と行くメーデー歌

五月雨の生態濃縮 初鰹

初がつお 45億の半減期

ねじれ目の歪む口々 核ひらめ

夏めくや 痒いところは大丈夫

若葉風 十年先の被ばくの子

神うらら今日もほろ酔い核の塵  wobbly

          

winkle

Photo

Toshi’s laugh winkles.

              Nikko carved my dear friend face

                                             Six hundred years since.

初楔

 
 《2012初投句》
   
   還暦や 人の間の初楔              篠山市
   
   明けの龍 汚染止揚の初しごと           篠山市
 
    敗戦忌 はらわた出すな口開けろ                   篠山市

篠山市小中学生ふれあい俳句 入 選 句

           49                                           coldsweats01                                2011.11.13  

  

 

とんぼはねあかいめがねがきらきらと   城北小 一年 なめ川ともはる

  

かれおちばあなをあけたらかおみたい   大山小 一年 ながさわとうか

 

くろまめがくろいころころおもしろい   城北小 二年 小西 ゆう斗

  

くりのトゲハリがいっぱいウニみたい   古市小 二年  田中 洋輔

  

プールだよクロールはしまでいけたんだ  城北小 三年  小谷 大輝

  

かかしはね田んぼをまもる人みたい    大山小 三年  森本 雄大

  

バンバンと夜空をおどる花火たち     今田小 三年  市野 真生

 

ゆうぐれの秋風びゅーびゅ一人たび    古市小 三年  酒井  瞳

  

夕やけのまぶしい光がおしてくる     大山小 四年  長澤  寛

  

どんぐりが茶色のこまに大変身        城北小  四年  桐山 英衣菜  

  

ぶどう達おしくらまんじゅうまだしてる  城北小 四年  中野  一貴

  

絶景の夕日ながめる赤とんぼ       古市小 四年  杉原  祐介

  

もみじがね上からだんだんグラデーション 西紀北小 五年 佐古田あすか

  

コオロギがおじゃましますと家に来る   大山小 五年 西垣 めぐみ

  

毎日がのんびり屋さんのかたつむり    城北小 五年  前川 遥香

  

どんぐりがこまに変しん勝つんだぞ    城北小 五年  杉本 美鈴

  

海に行き父のせなかは世界地図      城東小 五年  細野  凛

  

早すぎて願いが言えぬ流れ星       大山小 六年  雪岡 天馬

  

ザクザクと思い出つまった稲を刈る    西紀北小 六年  細見 清花

  

こん虫は小さな命で生きている      大芋小 六年  麻生 毅一

  

いがの中ころり並んだ三兄弟       古市小 六年  葉上 悠果

  

      〈ふるさと篠山に住もう帰ろう運動参加事業参画

 

                Dscn0347

 

 

投 句 函 の 入 選 句

 

................  2011.10.21  の入選句................

落城の秘話秘む山や枯木立                     篠山市   谷田 卓郎 

傘要らぬほどの雨来て春夕べ                   熊本     K

妻入りの旧家の庭や柿実る          岡山市     伊藤 武彦

 

 ..............  2011.5.31  の入選句  .................

神御座す丹波酒蔵の今朝の秋        松山市   鶴崎 尚子

秋立つや 駆け足に観る黒神馬       松山市   鶴崎   孝

金風や草木は種を育ており          神戸市   高橋 裕一

焼き栗を手にして望む高城山         神戸市   浜口 八郎

ささやまじょうかめのたまごがうまれたよ  伊丹市   くわなりょうじ

そっと傘さしかけらるる青葉坂        綾部市   橋本 ゆき

野面積 主なき城や後の月          交野市   寺田 政信

古城址ある鳥瞰図 雪催ひ          豊中市   白倉 文子

今もなほ残る武家町椿咲く          伊賀市   中田倭文子

青空にかかえられたる冬の城        大阪市   沖田 明彦

濠凍てて凛と書院のたたずまい       和泉市   中田 寿子

陽春のやわらかき風城抜ける        高槻市   中野 弘通

Found a little autumn

 

          

    On  Wall Street , I am  the 99%,

                    with a little  Commelina  ambitious,
            

                                    but  have  all  human  ought to be .

Powered by Six Apart
Member since 09/2010

俳句研究 --- 丹波の俳人

  • ① 西尾 武陵
  • ② 田 捨女

俳句ラリー・吟行・はいきんぐ